MENU料金 オーナーのつぶやき最新のお写真
 トップに戻る  色々お写真 周辺地図


Mカットブロッツーのオーナーのつぶやき・・・

5月13日からキャンカー秋号で九州のハウステンボス目指して美術館巡りをしながらの旅をハル君と一緒に太平洋フェリーいしかりに乗りました!ハル君は船内のペットゾーンにお預かり!


なかなかの晴れっぷりでした・・・ 夕食の後に船長さんになっております。??


名古屋港で降りて高速のパーキングでポルシェとワーゲンバス(博多ナンバーでした)と・・・ このパーキングでは鈴鹿サーキットがそばにあるのでホンダのF1が飾ってありタイヤ型の饅頭なんかも・・


さて奈良の東大寺にやって来ました、ハル君のうしろには鹿さんが・・ 横断歩道を渡っている鹿さんも・・・


実際に公園をあるって見ると危険な「ブツ」が沢山ばらまいてあって避けてあるくのが大変!やっとこさ大佛殿に寄って来ました・・・ 修学旅行の生徒さんたちが大勢・・・


パンプキンのうしろのたてものに大佛さんがいらっしゃるんですね~ 大佛さんの後光には小さめの大仏さんが何体もいるんですね~


あったあった柱の潜り抜け!大佛殿の右奥の柱に穴が開けられていてそこを通ると無病息災なそうで鎌倉時代から穴が開いているそうです、この「穴は大佛様の鼻の穴と同じ大きさだそうです。
で、私も修学旅行の生徒さんに混ざって並びチャレンジしてみました!結果ですが肩が入らないので通れませんでした。無病息災どころか病気で早死になのでしょうか・・・???


さすがに中学生の生徒さんは軽々と通り抜けが・・・(羨ましい) (;・∀・)  車への帰り道にセント君と残念顔でパチリ・・・


東大寺をあとに淡路島の淡路大橋にやって来ました・・ このすぐ先にある大きなパーキングで今日はお泊りです。ここの名物はこの観覧車です、夕方の赤い空に映えますね・・・


犬もOKです、とのことでハル君も一緒に乗ってみました。さっき走ってきた淡路大橋が綺麗に見えています。


しっかり暗くなると橋はライトアップされていました・・・ 翌朝大阪方面の海のそばに見える看板にはあべのハルカスなどが説明されていました(ハルカスにはちょっと行ってみたいかも)


あさに淡路島を横断して、大塚国際美術館にやって来ました。ここは世界初の陶板名画美術館で世界中の名画を撮影して陶器として再現してありすべて実物大です。(つまり世界中の美術館に行ったのと同じ)
さらに特筆すべきは画を直接手で触っていいんです、そして写真もOK牧場なんですね~ 画を描いている私としては出来るだけ近づいて見たいし、筆の跡を確かめてみたいのでここは素晴らしい!!
ようです。米津玄師さんが紅白歌合戦でバックに映っていたのはここのシスティーナ礼拝堂も実物大で再現されていて物凄い迫力のある空間になっていますね・・ もう海外旅行気分・・・


音声ガイドのヘッドホンを着けて説明を聞きふでのタッチを探るとなるほどこんな感じなのね~と、あの50何億円のゴッホのひまわりの画に囲まれて満足!!至極!!



美術館の窓からは淡路大橋の高速道が同じ高さに見えちゃうんですよ!これも凄い風景画ですか・・・ あの大人気のフェルメールの真珠の耳飾りの少女はこの大きさで一緒に写真を撮りたい人で行列!


モネの睡蓮をまねたレストランなど思わずここでご飯食べれるの!と思っちゃうのですが美味しいんですよ!いや~3時間のよていが5時間位の滞在になってしまいました~ 感動!
足立美術館の側のお城跡に来ました。富田城だったそうです。今は石垣だけが残っていて寂しい感じ・・・


富田城からすぐそばの足立美術館の駐車場に朝の8時半ごろに入場した・・・  らっ、電話が掛かって来ました。現在のお店だけでなく色々と大変お世話になった叔父様の訃報が・・・(>_<)



旅行は生きていれば何度でもいけるが叔父様のお葬儀は一度しかない・・・ そのまま帰宅路に・・ 仙台のお葬儀場についたのは翌々日の昼前でしたが秋号で式場に乗り付けて拝顔させて頂きました・・・
ほんとうに有難うございました!!お世話様でした!!どうぞ 安らかに お星さまになってくださいませ。   ☆